長野県南部飯田市の温泉や宿泊等の観光ガイド-南信州ナビ

TOP > 特集記事 > 南信州の名桜・古桜

特集記事

この記事の内容は2014年02月現在のものです。

南信州の名桜・古桜

長野県南部の桜やお花見の開花情報、名物の和菓子をご紹介!

掲載情報は、2014年2月現在のものです。

飯田市を中心とする南信州一帯は、樹齢300年以上の古桜や樹形の美しい名桜が数多く存在します。
また地域内の南北で高低差があるため、お花見シーズンが約1ヶ月続きます。

"一本咲きの見事な桜をじっくり眺める"のが、地元の人々の花見のスタイル。
「桜守」と呼ばれるガイド付きで複数の桜を巡るツアーも、毎年好評です。

(ツアーに関しては、南信州観光公社HPへ)南信州の桜を巡ってみませんか?

南信州 桜 日記

さくらさく 飯田・下伊那の銘桜を訪ねる 南信州の桜目めぐりと 温泉に入ろう! 和菓子を食べよう! 五平餅を食べよう! そばを食べよう! 泊まりたい方 農産物を買おう!

南信州の代表的な桜2本を紹介!

●安富桜

飯田美術博物館前にある樹齢450年以上 の桜。美術館の建物よりもはるかに高くそびえ、枝ぶりもキレイです。
長野県の天然記念物に指定されています。夜間はライトアップ。
○桜の見頃~4月上旬

●麻績の里 舞台桜

歌舞伎舞台兼小学校という、珍しい建物の脇にある樹齢350年の枝垂れ桜。四方に伸びた枝の枝垂れ具合を手前にある階段から眺めるのも、雰囲気があります。夜間はライトアップ。
○桜の見頃~4月上旬

南信州の名桜マップ


大きな地図で見る

一つ前のページへ戻る

特集記事へ戻る

page top